出逢ってから結婚まで足かけ十年、私の両親が出逢ってから結婚するまで

 私の父親と母親が出逢っ多きっかけは、大学の語学の授業が同じことでした。
 父親は母親を認識していたかは分かりませんが、母親は父親を「すごく頭の良い人」と認識していました。そのうち、三年間かけて、二人はなんとなくお互いの存在を認識するようになりました。当時、二人とも恋人はいませんでした。
 変化が訪れたのは、四年生に上がる春のことでした。母親が行く予定だった旅行がキャンセルになったという話を聴いた父親が、「じゃあ、○○と一緒にうちの実家に来る?」と言い出したのです。この時点でまだ、二人は付き合っていません。けれども、何となく意識し始めていたのだと思います。母親は父親の誘いに乗って父親の実家に泊まり、ちょっとした観光を楽しみました。
 二人が付き合い始めたのは、四回生になってからでした。ほどなく母親は就職して、父親は修士課程に進みました。母親がバリバリ働いている一方で、父親は研究者志望でした。母親は、働きながら、そんな父親が卒業するまでを、ずっと待ち続けました。そして、父親が博士課程をやめるというときになって、やっと結婚したのです。
 それだけ「互いしかいない」と思っていられた二人の関係に、私はとても憧れています。そして、私は父親似なので、結婚するなら母のような辛抱強い人がいいなあ、と密かに思っています。騙されてはいけないポリリン酸ホワイトニングの正しい知識

18年齢で認可を取得し、アッという間に外車をかってもらいました。白や黒ではなく真っ赤な外車だ。とても気に入ってい

18年代で認可を取得し、すぐに愛車をかってもらいました。白や黒ではなく真っ赤な愛車だ。とても気に入っていたし、低い注文ではないので面倒臭くてもきちんと洗愛車を通して大切に決める。そう決めていました。
年間くらいしたある日、夜間家庭に帰宅途中に単なる縁石に乗り上げました。
危なかったな、心掛けなきゃ、と思いつつ帰っていると愛車がガタガタ効く始めたではありませんか。おやなに!と軽々しくパニックになりつつも運転、尚且つ後ろから愛車もきてたので停まれず生じ続けました。その間にガタガタは激しくなり滑る度に愛車が変動にぶれるようになりました。怖くて停まれず、縁石に乗り上げてから2間隔ほど走って持ち家に到着しました。
そうして愛車はタイヤがパンクしてゴムがクッタクタに巻き付いて要るだけでホイールは何処かに飛んでいってしまっていました。
よく、無事に帰ってこれたなというのが直感でした。親にも驚かれ、愛車を修理する時もマジ驚かれました。今となっては笑い話ですが、当時は本当にパニックになって焦りました。出会い系アプリ体験談という呪いについて