18年齢で認可を取得し、アッという間に外車をかってもらいました。白や黒ではなく真っ赤な外車だ。とても気に入ってい

18年代で認可を取得し、すぐに愛車をかってもらいました。白や黒ではなく真っ赤な愛車だ。とても気に入っていたし、低い注文ではないので面倒臭くてもきちんと洗愛車を通して大切に決める。そう決めていました。
年間くらいしたある日、夜間家庭に帰宅途中に単なる縁石に乗り上げました。
危なかったな、心掛けなきゃ、と思いつつ帰っていると愛車がガタガタ効く始めたではありませんか。おやなに!と軽々しくパニックになりつつも運転、尚且つ後ろから愛車もきてたので停まれず生じ続けました。その間にガタガタは激しくなり滑る度に愛車が変動にぶれるようになりました。怖くて停まれず、縁石に乗り上げてから2間隔ほど走って持ち家に到着しました。
そうして愛車はタイヤがパンクしてゴムがクッタクタに巻き付いて要るだけでホイールは何処かに飛んでいってしまっていました。
よく、無事に帰ってこれたなというのが直感でした。親にも驚かれ、愛車を修理する時もマジ驚かれました。今となっては笑い話ですが、当時は本当にパニックになって焦りました。出会い系アプリ体験談という呪いについて